どうもはじめまして、
龍谷大学mix-voice所属3回生、
そしてKAJa!2017,2018実行委員のゆうかです。

今年で21年目に突入した日本最大級のアカペラストリートイベントである 関西アカペラジャンボリー、通称KAJa!2018 が、先日5月12日(土)に無事に終了しました!

本日は、その大成功だったイベントの様子を振り返っていきます!

【振り返り】今年のKAJa!はこんな感じでした♪

コンセプトは”
(Twitterで桃?!ってめっちゃ騒がれてたのがもう懐かしいですね笑)

これは、

「これからも全国の全アカペラーが目標として挑戦する舞台でありたい」
「昨年20周年という大きな節目を迎え、
これからも様々なことに挑む姿勢を忘れない」

という委員の想いが込められています。

今年は学生ではなくプロによるMCであったり、相川七瀬さんをお呼びしてプロアカペラグループPermanent Fishとのコラボという新しいステージをお届けしたりと、多くの挑戦があったステージでした!

こうして1年という準備期間を終えついに本番を迎えることができ、本当に感慨深いです。
みなさんのお力添えがあってこそのKAJa!です、本当にありがとうございました!

さて!!堅苦しいのはここまでにしまして!!

ここからはKAJa!委員でもあり、大のアカペラファンでもある私が各グループの感想を愛を込めて綴っていきたいと思います!!
(※感想は個人差があります)
(※異論は認めます)

【1部】

<ゲスト>
Cooley High Harmony
KAJa!2018トップバッターを務めたプロバンド。

男性4人でスタイルにとらわれないボーカルグループ。と言われている通り、本当に自由で新しいステージ。音源もありと、トップバッターとして華々しく幕を開け会場は大盛り上がり。
最高にかっこいいバンド。

<本戦出場グループ>


立命館大学Clef OB野郎バンド

我らがアイドル。イケメン。なだけじゃない。
リードコーラスの甘い声によって織りなされる至高のハーモニー、それを引き立てつつ決して劣りはしないむしろ最高に輝くベース&パーカッション、そしてエロさが滲み出るステージングでみんなを虜にしてしまう罪な人たち。

西雄記
関西インカレOBバンド

かっこいい。ひたすらにかっこいい。Hushって言わせたら世界で勝てる人はいないと思う。
ダークな雰囲気の中に色気も忘れない、力強くてもう目が離せないバンド。

個人的に字ハモ(歌詞をみんなで一緒に歌ってハモる)ゾクゾクくる。あとぶんちゃんさんのがなりも。

Peppers
早稲田大学 Street Corner Symphony OBバンド

尊い以外の言葉を失うぐらい、優しい歌声で召されそう。
本当に4人?誰か隠れてない?って言いたい。厚みがすごい。

このバンドのバラードとか聖歌とか、無敵だと思う。悪者みんな改心しそう。

真骨頂
同志社大学One Voices OBバンド

Wリードかっこよすぎて胸が苦しい。昭和歌謡の沼に、力強いリードが先導しつつコーラスベーパが確実に落としにかかる感じ。逃げる術なし。

リードのまりさんのマイキングの丁寧さは本当に天才だと思う、非常に推し。

Be Together
関西・北陸・東海の各地からOBが名古屋に集結したバンド。

大人な余裕を存分に魅せてくれたステージ。激熱な人たちが集まって、激熱なステージに
ならないわけがない。

開いた口が塞がらない、最高にかっこいい洋楽すぎて。もはや異次元のレベル。次元越えたわ。

【2部】

<プロゲスト>
Permanent Fish
神戸を拠点に活動する5人組アカペラグループ。

安定感抜群だしめっちゃいい声出しハーモニー綺麗すぎてさすがプロ。ステージの輝きが違いすぎた。

あのかっこよさと爽やかさは最高だし、何回ステージ見てもやっぱ良い。

相川七瀬
このKAJa!2018限定の、Permanent Fishとのコラボステージ!

さすがすぎて何も言えない、少女じゃいられなくなってしまった。これがプロか、かっこいい、すごい眩しすぎて直視できないって思いながらめっちゃ見てた。

MCのときはめっちゃ可愛かった。少女。

<本戦出場グループ>


京都アカペラサークルCrazyClef

心が浄化されるアレンジと歌声。
おしゃれで綺麗で、優しい夢の中に包まれているような、でもどこか儚げな感じが漂う。一音一音が尊くて暑さを忘れるほどの世界観。

聴き惚れる、そんなバンド。

Eight Note
京都アカペラサークルCrazyClef OBバンド

かっこよすぎてシビれるクールかつアツいバンド。あと大人の色気。力強い演奏でリードがもう良い声してるし、バンドの一体感。魔法をかけられたように目が離せない。

個人的には本家より圧倒的に好き。

<次世代ステージ>
去年に引き続き、今年も高校生がKAJa!のステージに登場!

Vigor
開星高校のアカペラグループ。

先輩がバンド名つけてくれたんだって。かわいい。高校生のパワフルさが前面に出ててかっこいいし、大学生とはまた違った感じで新鮮だった。

ひふみ
千種高校の2年生によるバンド

元気でノリノリな曲で、暑さ吹っ飛んだ。若さ溢れてて眩しかった。

青春の象徴って感じ。

<本戦出場グループ>


シューベルトの孫
神戸大学Ghanna Ghanna

MCではふざけた感じでフランクなのに、演奏はハチャメチャにかっこいいっていうずるさ。Jazzyなおしゃれアレンジをすごく楽しそうに演奏する姿には、にまにまがやめられない
止まらない。

全員大好きだけど、特にかわちゃんさんのベースは正義。

Shogo Free
大阪大学inspiritual voices OBバンド

大好き。エンターテイメント性抜群、この5人から紡がれる音にはトキメキしか感じない。ブレを知らないのかと言いたいぐらいバチバチ。
歌ってる姿見てるだけで、もう本当に5人が仲良しなのがまるわかり。

人文字でKAJa!作るあたりさすがとしか言いようがない。

【3部】

<プロゲスト>
ダイナマイトしゃかりきサ~カス

3人とは思えない圧倒的なパフォーマンスで、変幻自在、まさにサーカス。笑顔と感動の渦にしっかり巻きこまれてしまった。

最高の3部始まりを飾ってくださる大人の魅力。

<本戦出場グループ>

Back Only
関西大学Brooklyn304 OBバンド

基本ボカロの曲をばっっっこり歌ってる。ばっこりが何かと言われればばっこりとしか言いようがないけど、とりあえず虜になるから聴いて。ばっこり。

1つ言えるのは、天才の集まりすぎて尊いってこと。とてもかっこいい。

こるまーる
早稲田大学 Street Corner Symphony

ジブリの世界感溢れすぎてて、私は今ジブリの世界にいる。そんな錯覚に陥らせてくれるバンド。嘘。私はジブリの世界に確かにいた。とても良い声、透き通る声がとてもずるい。

終始泣きそうになりながらこらえてた。

五右衛門
大阪府立大学ONE BEENS OBバンド

一言で表すなら、ソウルフル。魂込めて歌ってます!がすごく伝わる。リードの力強い歌声が最高にロックだし、魂燃える。もう鳥肌モノ。

それにコーラスも負けてないし、ベーパの安定感。強い。

月曜日のネコ
神戸大学Ghanna Ghanna

TRY-TONEの柔らかさをそのまま歌い込む優しくて幸せなバンド。
とても良い表情で奏でる姿は、見てるだけでも幸せを分けてもらえる。

ハーモニーが心地よい、気分はお花畑か天国か。頭に思い浮かぶ情景が美しい。

西陣
京都アカペラサークルCrazyClef OBバンド

圧倒的リード力、だけじゃない、コーラスもベーパももう一体感がすごい。全員が全力でぶつかってるのがよくわかる、アツく切ないステージがたまらん。震える。

心に響くものしかない、最高すぎるバンド。

【終わりに】

はい!以上!
まだまだ愛は語り足りない。が、私のKAJa!2018の振り返りはサクッとこんな感じです。語彙力のなさが露呈してるのはご愛嬌ということで。笑

皆さんはいかがだったでしょうか!!
楽しかった!最高だった!そう思っていただけてたら、それはもうKAJa!委員冥利に尽きます。

KAJa!2018は天気にも恵まれ、快晴の中終止符を打ちました。
今年は約6,800人もの方が来場してくださり、大盛り上がりとなり本当に嬉しい限りです。

これからも、アカペラー以外にもアカペラを愛してくださる方が増えるような、
アカペラとたくさんの人々を繋ぐ、懸け橋となるイベントになればと思います。
そして、これからもこのKAJa!というものが、たくさんの方に愛していただければ幸いです。

来場してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にたくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です