教えて!ヒロ先生「はじめてのアレンジ、ここPOINT!#1」

皆さんこんにちは!
だんだんと春らしく、つい心地よく歌いたくなる季節になって来ましたね☆
さて、春から新しい環境になり、
アカペラでも新たな一歩を踏み出す方も多いでしょう…!
今回は、そんな中で

「アレンジ、始めてみよっかな〜」

と考えている方に、
ぜひ押さえてほしいポイントを紹介しようと思います。

という訳で、テーマはこちら!

スキマを美味しく使おう!

初めてアレンジに取り掛かるとき、おそらく皆さん

「コードっていうものがあって…それが伴奏で…」
「ベースがルートで…その上にコーラスで…」

といったところから始めると思います。

例えば、こんな感じ。

 

とてもキレイなコーラスなりそうですね!
ただ、これはあくまで今4小節分くらいの例です。
これがもし2、3分ずーっと続くと…?
ちょっと、飽きてしまいますよね。

こういった時は、
コーラスやベースにリズムを付けることを意識すると良いです。
ただ、闇雲にやると、なんだか取り留めのない演奏になりがち。
そこで意識してみてほしいのが、

メロディーのスキマ

です!
この楽譜だと、この辺り。

ここを、こんな感じで歌い直したり、アルペジオに。

 

はたまた、ちょっとメロディアス、そしてリズムのキメを。

 

コーラス全員じゃなくても…?

 

どうでしょう?

少し変えただけですが、躍動感が出てくるイメージがありませんか?

こういったシンプルなアイデアで、グッと魅力が変わって来ます。

全部のスキマを埋めまくるとそれはそれでしつこいので、バランスは重要ですが
まずはこんなところに注意して、リズムで遊ぶ雰囲気を作ってみてくださいね!

今日のポイント

●メロディーの空いているところを狙ってリズムを動かしてみる。
●コーラス全員じゃなくても良い。さりげなくてクール!
●やりすぎは禁物。バランスを考えて作ろう。

それではまた次回☆

Have a good harmony☆

このコーナーでは皆さんからの添削してほしいアレンジや、
練習でのお悩みなどを募集しています☆

松原ヒロ

スタジオ オトナポリタン代表。作編曲家、シンガー、ボイスパーカッション奏者。筑波大学、バークリー音楽大学卒業。
コーラスグループMonica Corona(2014年ハモネプジャパンカップ出場)のメンバーとして活動。
2014年よりエレベートミュージックエンターテイメント「うたハモ!アカペラピース」シリーズのアレンジ、
レコーディングディレクションを担当している。

コーラス指導や音楽理論レッスン、ワークショップなどのご依頼はこちらまで!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です