【教育×アカペラ】「Vocal Asia」と現役音楽講師によるスペシャルなワークショップのお知らせ!

こんにちは!ハモニポン編集部です。
近日開催される「教育×アカペラ」をテーマとしたワークショップの情報が届きました!

作編曲家であり、音楽講師でもある「角田 葵」さんと国際アカペラ交流NPO「Vocal Asia」との共催で行われる、「すぐ使える・楽しくできるアカペラ指導法」についてのワークショップです。

これまでに無かったアプローチのワークショップなので、以下で詳しくご紹介していきます!

国際アカペラ交流NPO「Vocal Asia」とは?

アカペラを通じてアジア各国のシンガーたちが国際交流をできるよう、2010年に台湾に設立された国際非営利組織NPOです。

毎年夏にはアジア最上級の規模と質を誇るミュージックキャンプVocal Asia Festivalを開催しており、Vocal Asia Japanはそのサポートをしたり、各種ワークショップを企画しています。

講師の角田 葵さんはどんな人?

教育の現場にアカペラを取り入れている音楽講師

当日講師を務める角田 葵さん

尚美学園大学にて作編曲を教え、中学校にて音楽の授業も担当している方です。
特に中学校ではアカペラやMuseScoreで編曲をするなど、新しい授業の方法を取り入れた教育を実践しています。

クリエイターとしても活動

教育以外の分野としては、2018年に「AsianVoiceParty」というアカペラ×デジタルプロジェクトを立ち上げて活動中。

1作目の「島唄」は、公開当日に700再生を記録するなど、大きな反響を呼んでいます。

2作目の「手紙」も3月17日に公開されたようです。
幻想的なアレンジと映像に思わず引き込まれます。

ワークショップではどんなことをやるの?

「楽譜が無くてもハモれる!」をテーマとし、リズム遊び・即興アカペラの方法を取り扱います。

具体的には…

  • なぜアカペラを歌うのか
  • なぜアカペラが教育的に有効なのか
  • 歌う気持ちの高め方
  • リズム遊び
  • ハンドサイン
  • 即興アカペラ

というコンテンツになっています。

こんな方におすすめ!

  • 教員志望の学生
  • 現職の先生
  • 新歓イベントなど、新入生を対象とした活動の企画者
  • 合宿やサークルの全体活動などでのレクリエーションの企画者

「なんだかよくわからないけど普段の練習が上手くいかない」という方も、参考になることが多いかと思います!!

講師・角田 葵さんからのメッセージ

アカペラは、相手を尊重することが最も大切な音楽活動です。
そんなアカペラがもたらす、副次的な効果はたくさんあります。

間口を大きく設けることで、アカペラが文化向上の一端を担えると信じています。
ぜひ、アカペラを教えられる人が増えますように。

開催概要・アクセスなど

  • 日時:3月21日(水・祝日) 13時半~17時 (13時受付開始)
  • 受講料:一般1,000円 学生500円 【定員30名、テキスト代含む】
  • 場所:KIZUNA会議室高田馬場
    (新宿区高田馬場1-26-12高田馬場ビル406号室)
  • アクセス:高田馬場駅 徒歩1分

申込みはこちらまで!