あのアカペラグループの曲がこんなことに!?

先日、イギリスの人気エレクトロミュージックユニット Disclosure が、こんな曲を公開しました!

クールでつい体が動いてしまう曲ですね!
ダンスミユージックの代名詞、
4つ打ちのリズムパターンに合わせて
徐々に聞こえてくるこのコーラス…

聞き覚えのある方、いらっしゃいますよね?

そう、スウェーデンの有名アカペラグループ、
The Real Group の曲をサンプリングしているんです。

それがこちらの曲!

彼らの2nd アルバム、Nothing But the Real Group
に収録されている、ジャズスタンダードナンバーです。

サンプリングというのは、
ヒップホップなどのジャンルで使われている制作手法で
過去に発表された何かの楽曲の1部を
ループしたり加工したりして
別の楽曲を構築するもの
、です。

先ほどのMoonlightに使われているのは、
00:35辺りから始まるフレーズ。
この美しいフレーズが、
現代的なエレクトリックな雰囲気に生まれ変わるなんて、
ちょっと驚きですよね!

Disclosureは2010年にデビューした、
ガイ・ローレンスとハワード・ローレンス兄弟による音楽ユニット。


イケメン。

ハウスミュージックに止まらない豊かな音楽性が高い評価を受けています。

Moonlightの他にも連日リリースしており、
その中にはまたコーラスファンにはたまらない楽曲も!

こちらは、大御所ジャズコーラスグループ
The Four Freshmen のこちらをサンプリング。

こちらは割と長いフレーズをサンプリングしている、
リミックスに近い雰囲気、ですね。

アコースティックなコーラスから、
エレクトロニックな楽曲へ。
普段は繋がらない2つのジャンルが
こんな反応が起こると思うと、音楽の面白さを感じますね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です