のぶらすです!
海外から仕入れた超旬なリリース情報7つお届け!
どれもアカペラ好きならマストバイのお薦め作品です!

★目次★

    ※クリック・タップで各項目に飛ぶことができます

  1. AXIOM (アクシオム) – FRESH: A 90s R&B Mixtape
  2. NoVI (ノヴィ) – I Don’t Remember
  3. INVIVAS (インヴィヴァス) – Inside
  4. VOXID (ボクシッド) – Shades of Light
  5. Take 6 (テイク6) – Iconic
  6. Cadence (ケイデンス) – Home
  7. VOCES8 (ヴォーチェス8) – A Cappella Songbook 2

 

AXIOM (アクシオム) – FRESH: A 90s R&B Mixtape


    “Great blend and passion come through their vocals”
    – Claude McKnight (Take 6)
    大人の為の“ソウルフル”“アダルティ”R&Bアカペラ。


    AXIOM」は2014年結成、
    テネシー州ナッシュビル期待の実力派、
    混6声R&B/Soulアカペラグループだ!
    今回紹介するのは、先日2018年6月2日にリリースされた彼らの最高のデビューアルバム!
    アルバムタイトルは『FRESH: A 90s R&B Mixtape』!!
    タイトルからも分かるとおり、1990年代に世界的にヒットしたR&Bソングの数々を年ごとにカバーした! 前奏・間奏・終奏とされる曲もそれぞれ含まれていて、ストーリ仕立てになっている。また、刺激的なマッシュアップやメドレーも詰まってる!
    早速下記リンクで試聴してみよう★

    アルバム試聴@Spotify

    試聴@Amazon.co.jp →試聴はこちらから!
    試聴@iTunes →試聴はこちらから!

    とにかくパワフル!
    メンバーみんな個性のある声で、芯からスリリングなぶつかり合い!

    聴きどころは、セカンドテナーRyanのソウルフルでアクの強いハスキーボイス、ベースElliottの人間離れした低音アタックと大胸筋、女性陣ソプラノMeganとアルトChaffronのパワフルなボーカル、バリトンRobbyのエッジあるイケメンボイス、そしてパーカスMattおよび新メンバーAugieの弾性硬なグルーヴだ! ちなみにベースのElliottは数々の有名アカペラグループでの活動を経ている(The House Jacks、Home Free、7th Aveなど)!

    このアルバム収録曲の中で今特に気に入っているのは、1曲目「Intro: A New Sound」のポイズンな旋律、3曲目マライア・キャリーのカバー「1991: Make It Happen」のロングトーン、5曲目「1992: Humpin’ Around / My Lovin’」のグルグル高回転するリズム、12曲目「1997: My Pony is One in a Million」の殺人的なベースパート、13曲目「1998: Angel of Mine」のしっとりとしながらも力強いリード回し。

    アルバム収録曲を含めて、いくつかビデオを視聴してみよう!
    My Pony Is One In A Million (本アルバム収録曲!)


    I2I (Eye to Eye) (本アルバム収録曲!)

    Angel of Mine (本アルバム収録曲!)

    I’ve Told You Now

    AXIOMは、ナッシュビルに拠点を移したベースのElliott Robinsonと、同郷でセカンドテナーのRyan Greenawalt(黒縁眼鏡の人)によって、2014年5月に結成された。プロの音楽家や一流の教育を受けたシンガーからなり、各自のバックグランドを生かした個性をミックスする。初代パーカスのMatt McDonaldはRockアカペラグループInPulseのメンバーだ。AXIOMのアレンジはR&BとSoul色が強い濃密なもので、新旧の名曲や、誰も知らないようなローカル曲、そしてオリジナルソングを歌う。今後の活動から目が離せない。新しいプロモも公開間近とか(ベースElliottさんからの情報)!
    【AXIOM 公式サイト】
    http://www.axiomvocal.com/

     

    NoVI (ノヴィ) – I Don’t Remember



      NoVI」はイギリス・ロンドンの混6声 Jazz/Pop/Folk/R&Bアカペラグループ!
      2018年6月9日にデビューシングル『I Don’t Remember』をリリース!!
      今月の僕の一番好きな曲で、ずっと繰り返して聴いています。

      シングル試聴@Spotify

      試聴@Amazon.co.jp →試聴はこちらから!

      残像と余韻を残しながら美しくきらめくハーモニー。
      これはオリジナルソングで、作詞・作曲は現テナーのSebastian Payne、アレンジは前VPのGus Nicholson、そして音響は現ベースのJonny Stewartや、The Vocal CompanyのHansel Romero、およびアカペラ界では有名な一流のマスタリング会社Vocal Masteringが担当。
      アカペラグループARORA(Sonos)が好きな方にもお薦めの1曲!

      NoVIは2016年結成、2017年2月デビュー。
      シルキーでどこかスモーキーなハーモニーは、大人の世界。
      なんといっても、アレンジの妙と個々の歌唱力の高さが光る。
      メンバーは誰もが一流、特にSebastianのクールな”ノルディック・テナー”が絶品。

      今回のシングル曲「I Don’t Remember」旧メンバー時のイントロ練習風景!

      DEBUT LONDON SHOW SEPTEMBER 6th Tickets and more info: bit.ly/NoVIbedford

      NoVI Musicさんの投稿 2017年7月24日月曜日

       
      最新メンバーでの練習風景「My Own」!

      *GIG ANNOUNCEMENT* Hi hello – here's a sneak peek of a Kwabs cover we've been brushing up for our ICCA SEMI-FINALS GUEST PERFORMANCE (!!)Keep your eyes peeled for more info about the event! We've got a new lineup, new arrangements, and new originals that we're excited to share with you ✨#sixvoicesonesound

      NoVI Musicさんの投稿 2018年3月16日金曜日

      NoVIはこの2018年にメンバーが激変しました。
      すなわち、男性1人: Freddie(バリトン/Beatbox)と、女性3人: Lotte (ソプラノ)、Cordelia(アルト)、Tamsin(VP/アルト) が加入して大進化! 最近この体制でロンドン・アカペラフェスティバルやICCAにゲスト出演しました。これからの活躍に大注目だ。
      あ、公式サイトで試聴できる”My Own”という曲がカッコいいので是非!
      【NoVI公式サイト】
      https://www.noviacappella.com/

       

      INVIVAS (インヴィヴァス) – Inside


        The Middle (本アルバム収録曲!)

        最高にスムースなポップス
        スイス・チューリッヒの男5声
        INVIVAS6月1日リリースのアルバム『Inside』!
        スタイリッシュかつ美しく軽快に駆け抜ける男声ハーモニー。
        以前ハモニポンでも紹介した前作『Give In』に続き素晴らしい作品に仕上がっています。前回紹介した曲GuillotineやBrotherも収録されているほか、アップテンポなナンバーからバラードの新作まで、飽きがこない! 次世代男声アカペラとして、万人に薦められる1枚だ!

        アルバム試聴@Spotify

        試聴@Amazon.co.jp →試聴はこちらから!
        試聴@iTunes →試聴はこちらから!

        Too Good at Goodbyes (本アルバム収録曲!)


        Guillotine (本アルバム収録曲!)

        New Rules (本アルバム収録曲をライブ版で!)

        【INVIVAS公式サイト】
        http://www.invivas.ch

         

        VOXID (ボクシッド) – Shades of Light


          ドイツ東部ザクセン州ライプツィヒから届いたアカペラアルバム!
          2006年結成の混5声 Popアカペラグループ、
          VOXID」の最新作『Shages of Light』だ! 2018年4月27日リリース。

          アルバム試聴@Spotify

          試聴@Amazon.co.jp →こちらから試聴!
          試聴@iTunes →こちらから試聴!
          試聴@SoundCloud →こちらから試聴!

          VOXIDの前身はtonalrausch。2008年には、ヨーロッパ最大級のアカペラコンテストvokal.totalのポップ部門で優勝。また、アジアのアカペラ祭へのゲスト出演も経験している。なお、彼らが前回2016年1月にリリースした5曲入りのEPアルバム『VOXID』は、世界最大のアカペラ音源レビューサイトRARBにて、”総合4.7点”の高評価に輝いた!(→RARBでの評価はこちらから)

          僕は10曲目のバラード「I Fade Away」が本当に好きで今ずっと聴いている。それから1曲目「Headlock」と4曲目「No Diggity」が最高にカッコイイ!

          そのほか収録曲の映像をいくつか観てみよう!
          Music Ain’t My Thing」軽快でポップで陽気・元気!


           
          Musical Treasure」RARBで5点満点を獲得した曲!
          ふわふわと軽やかにループするようなメロディーは、聞けば聞くほど味が染みだす。

           
          ドイツのアカペラ祭TonART festival 2017の映像!

          リズムパートを1人だけでこなす、器用な”ベースパーカス(ベーカス)”のDanielの技に注目!

          【VOXID公式サイト】
          https://www.voxidmusic.com/

           

          Take 6 (テイク6) – Iconic



            テネシー州ナッシュビルのレジェンドTake 6が、2018年4月27日にアルバム『Iconic』をリリース! ジャズ&ゴスペル&R&B系のTake 6の濃密さに、カジュアルでポップな新しいテイストも加わって、初心者にも聞きやすいアルバムに仕上がっている! アカペラを愛する全ての人が手にするべき一枚だ。1980年代からのコンテンポラリー・アカペラの歴史が脈々と息づく、重厚で極上な神のハーモニーを味わおう!

            アルバム試聴@Spotify

            試聴@Amazon.co.jp →試聴はこちらから!
            試聴@iTunes →試聴はこちらから!

            特に、2曲目「Can’t Stop The Feeling」、3曲目「Change The World」、6曲目「Got To Get you Into My Life」、それから9曲目「Roof Garden」が好きだ!

            【Take 6公式サイト】
            http://take6.com/

             

            Cadence (ケイデンス) – Home


              Cadence」は1998年結成。
              日本の学生アカペラ界でも有名な(特にI Wish)、
              カナダ最高峰の男4声ベテランJazz/Popアカペラグループ!
              現バリトン&ベースのDavidはDuwendeのメンバーでもある。

              そんな彼らが先日6月22日にリリースしたアルバムが『Home』!
              100%純カナダ産の選りすぐりの楽曲が12曲入り!
              アルバム試聴@Spotify

              試聴@Amazon.co.jp →試聴はこちらから!
              試聴@iTunes →試聴はこちらから!

              郷愁を誘う穏やかな楽曲から、Cadenceらしいホーンセクションがお洒落に炸裂するジャジーな曲まで、多彩なカナダのハーモニーを存分に感じることのできる飽きのこないアルバムに仕上がっている! David Clayton-Thomas、K-OS、Feistなどの有名カナディアン・アーティストのカバー曲や、オリジナル曲も入っている。
              それぞれのアレンジを各メンバーが分担。
              Ross Lynde (ベース/VP): 3,7,9曲目
              Kurt Sampson (テナー): 1,2,11曲目
              Lucas Marchand (テナー): 5,6,8曲目
              David Lane (バリトン/ベース/VP): 4,10,12曲目
              2011年のアルバム『Cool Yule』から実に7年振りにリリースされた本アルバムは、カナダ最高峰のアカペラとカナダの文化を知るためにもマストバイだ。アルバムの内容をさらに詳しく知りたい方は→こちらの英語記事を

              The Watcher on the Rock (Slhx̱í7lsh) (本アルバム収録曲!)


              おまけ: 最新プロモ映像!

              【Cadence公式サイト】
              http://www.cadence-unplugged.com/

               

              VOCES8 (ヴォーチェス8) – A Cappella Songbook 2


                イギリス・ロンドンの混8声Classicアカペラグループ。
                何度か来日も果たしている彼ら「VOCES8」が、
                2作目となる楽譜集を先日リリース!
                Amazon.co.jpなどでも発売されているようです。要チェック!

                コテコテの現代アカペラに疲れた時は、清らかで荘厳なハーモニーを聴いて心を落ち着けよう。

                【VOCES8公式サイト】
                http://www.voces8.com/
                【VOCES8日本公式サイト】
                https://www.universal-music.co.jp/voces8/


                筆者のブログ:あかぺら村
                国旗画像提供:IconDrawer




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です