【いま注目!この海外アカペラグループ】スイス – INVIVAS

のぶらすです。
今夜は駆け足で、
注目のアカペラグループをピックアップ!
びゅーと中欧ヨーロッパに飛んで、やってきたのは
風光明媚アルプスのスイス連邦。
そのスイス最大の都市であり金融の世界的な中心地でもあるチューリッヒから。
男5声 Pop 疾風アカペラグループ

INVIVAS (インヴィヴァス)」だ!


2011年結成。
いわゆるヤロバンだが、
ガツガツのパワーで押すわけじゃない。
とにかく“スムース”かつ“柔らかに疾走する
そんな甘い男声コーラスと、軽快なリズム隊の虜。


最新アルバム『Give In』(2016年) は、
ポップ系アカペラ好きなら超絶必携

INVIVAS の中心メンバーは、リーダー/テナーでアレンジャーの Basil と、ビートボックスの名手 Claudio で、その他のメンバーは頻繁に入れ替わっている。コーラスに女性がいたことも。ただ上述のグループカラーは2016年から一貫しているように思う。このスムースさは、男声パートが3人とも柔らかく高い声をもつ“テナー”であることにも起因しているのでしょうか?

そして2018年にも2人のメンバーチェンジが!

まずはこの新体制での最新ミュージックビデオ2つ

を観てみよう!

Guillotine」新生 m-pact もカバーして話題の曲。

聴覚中枢にギロチンっ。
ポップで最高にスムースなハーモニーは健在だ!
ベースの新メンバー Mauricio が冷徹に低音を捻じ込む。

2つ目はスタジオ生ライブ収録作品「Brother

2人目の新メンバー Gino のリードで始まる感動のバラード。

イイね! 折角なので、
前メンバーでの作品の中からも

一押しを厳選してお届け!

American Boy」この疾走感!

Stay」最高の胸キュン・バラード。

人肌恋しい季節用の唄。
Yours」生収録で安らぎを。

リードは一番深みのある声の持ち主 Fritz

さらに、おすすめアルバム『Give In』収録曲も

いくつか映像付きで楽しもう。
#1「Give In」アルバムのタイトルソング!

リードは Basil、ラップは Tshanda

#4「Watch Me Now」の MV!

#3「Where Are U Now」ライブ生収録!

#5「Can’t Feel My Face」こちらもライブ!

みなさん INVIVAS のファンになりましたか!?
アルバム『Give In』は近年のポップアカペラの中でも本当に一押しの1枚なので、
iTunes や Amazon で探してみてねっ。

ではでは最後に人気の「Disney Medley」で楽しく☆

現在の INVIVAS メンバー (2018年1月~):
Basil Zinsli – テナー/アレンジ/リーダー
Claudio Gilardoni – ビートボックス
Mauricio Suter – ベース
Gino Carigiet – テナー
Fritz Carmelo Mader – テナー

【INVIVAS 公式サイト】http://www.invivas.ch/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です