【海外アカペラ旬アルバム】Vadé – Cry Your Heart Out [2017年12月リリース]

のぶらすです!
今回も注目アカペラアルバム情報☆

イギリスの新星、
Vadé (ヴォーデ)」が
2017年12月8日にリリースした
Cry Your Heart Out』を紹介! 

試聴@iTunes】【試聴@Amazon.co.jp
試聴@Spotify】【試聴@mysound.jp
[ダウンロード形式のアルバムは上記サイト等、またCD形式のものは Amazon.co.jpHMVhontoを始め各種レコード取扱店で購入可能。]

躍進の2017年

2017年10月からイギリスで放送された
アカペラ番組『Sing: Ultimate A Cappella』。
この番組については以前、下記のハモニポン記事で紹介しました。

ハモニポン号で世界アカペラ周遊記:第1弾「イギリスの新アカペラ番組!」

優勝したのがこの「Vadé (ヴォーデ)」。
イギリス・ロンドンの男5声クリスチャン系 (Gospel/Jazz/Inspirational/R&B/Soul) アカペラグループだ。優勝を契機にデッカ・レコード (Decca Records) との契約に至った。


www.facebook.com/vadesings/videos/1732632700080447/

 

珠玉のハーモニー

本アルバム一押しの収録曲のひとつ「Cry Your Heart Out」ミュージックビデオを観てみよう。なんとこの曲は、あの One Direction (ワン・ダイレクション) のメンバー Niall Horan (ナイル・ホーラン) が彼らのために書いた曲だ!


 
甘く瑞々しい。魂のこもった各人の最高のリード力、豊かな息遣いとつややかな声色による芳醇なハーモニーのブレンド力。
このミュージックビデオのタイトルが冠された今回ご紹介のアルバムCry Your Heart Outは、インスピレーショナルなR&B、ソウル、ポップソングのアカペラカバーに、彼らの持ち味であるゴスペルのテイストがふんだんにミックスされた全10曲入りのアルバム。もちろん宗教曲も含まれている。収録曲は次の通り。

#1: Don’t You Worry Child
#2: Human
#3: Cry Your Heart Out
#4: A Change Is Gonna Come
#5: Motownphilly
#6: Kiss From a Rose
#7: Sowing the Seeds of Love
#8: When the Chariot Comes
#9: Walk On the Wild Side
#10: Swing Low Sweet Chariot

これらの収録曲の中でも絶対に聴いてほしいのが Boyz II Men のカバーである5曲目「Motownphilly、心底グルーヴィーなモータウン・サウンドが最高だ。 →こちらから試聴してみよう!
またオープナーの「Don’t You Worry Child」は前述のアカペラ番組中でも披露した曲だが、躍動感のあるコーラスアレンジと鼓動を感じるリズムセクションが堪らない。もちろんミュージックビデオで紹介したタイトルソング「Cry Your Heart Out」はポップで至高のバラードだ。そのほか、クールな2曲目「Human」、爽やかなサビのコーラスの7曲目「Sowing the Seeds of Love」、濃密で複雑なハモリの10曲目「Swing Low Sweet Chariot」も好き。名曲「Kiss From a Rose」や、Take 6 好きに嬉しい「Walk On the Wild Side」のカバーも収録されている。

 

イギリス期待の新世代

Vadé は2013年結成、2014年デビューの新しいグループ。グループ名「Vadé」はラテン語で、“Go together (ともに歩む、調和する)”という意味が込められているようだ。全メンバーがクリスチャンであり、歌を通して愛と希望を届けることを自らの天命と考え活動している。バックボーンはゴスペルで、主に教会でのコンサートを行っていた。このゴスペルやインスピレーショナルに、R&B、ジャズ、ソウル、そしてポップの音楽性がミックスされている。 Take 6Committed の系譜を引く男5声の超絶ハーモニーだ。特に上記の曲 Cry Your Heart Out で最初にリードをとるサード・テナー Roy の歌声が絶品。そして、ファースト・テナー Jermaine のドレッドヘアーとヒゲがベストマッチ。なおこのグループには、元 Vive のメンバーで現在超人気 Jazz アカペラグループ「Accent」のメンバーである James Rose が関わっていたようだ。

[Vadé メンバー]


Jermaine Sanderson - ファースト・テナー


Philip Yeboah - セカンド・テナー (グループ創設者)


Roy Crisp - サード・テナー


Joseph “Kojo” Anti - バリトン


Joshua (JJ) Hammersley Jr - ベース (ジンバブエ生まれ)

 
【Vadé 公式サイト】
http://www.vadesings.com/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です