教えて!ヒロ先生 「シラブルの考え方 Vol.1」

こんにちは!
さてさて第2回目がやってまいりました。
もう間も無く12月。
アカペラのハーモニーが似合う時期ですね☆
今回も、今歌っている曲で役に立つアドバイスになればと思っています!

 

さて今回は、青山学院大学MBSに所属するmilknexさんから、いただきました。
曲はこちら!

 

 

ポップでハッピー!
学生のアカペラの曲として人気ですね。
色んなグループが歌っているのを見かけます。
サビで字ハモがバシッと出てきて、
それまでの楽器風の伴奏との対比ができていて、盛り上がりますね。

 

そんな中で、一つ気づいたことが。

「バックコーラス、ちょっと落ち着いちゃおっか。」

ということで、サビのこちらに注目!
(動画の1:04辺りから!)

 

楽譜の3小節目!

字ハモの間を埋めるように、コーラスが少し動いています。

これ自体は、メロディの隙間をカバーする意味でもとてもGood!
ただ、よく見ると…

シラブルが、細かく変わっていますね。

元気よく聴かせようとするのか、
一音一音シラブルを変えるアレンジを実は良く見かけます。

 

一つ大事にして欲しいのは、
本当に聴かせたいのはメロディ
ということです!

 

後ろのシラブルが細かく変わると、
少し騒がしい印象になってしまうんですね。
ここは、こういった感じにしてみましょう!

 

歌詞の母音のまま、伸ばしちゃえば良いんです!

そしてこの方が、歌っている方も気持ちいいはず。
爽快な感じがしますね。

 

少し細かいところで、音程も少し変えています。
oo(ウー)やah(アー)などの伸ばしで
同じ音が続くと、ちょっと歌いにくいですよね。
経過音を挟んで、
これまた気持ちよく歌えるラインを作る意識をしましょう。
(後ろの字ハモ部分も変えてあります!)

 

あと前回書き忘れたのですが、
添削後の譜面は、記譜法も正しくしたものをのせています。
楽譜の見やすさも、とても大事な要素なので
どう変わっているか見てみてくださいね〜!

 

ぜひ、普段のアレンジにも活かしてください☆
次回もお楽しみに!

 

Have a good harmony☆

このコーナーでは皆さんからの添削してほしいアレンジや、
練習でのお悩みなどを募集しています☆

松原ヒロ

スタジオ オトナポリタン代表。作編曲家、シンガー、ボイスパーカッション奏者。筑波大学、バークリー音楽大学卒業。
コーラスグループMonica Corona(2014年ハモネプジャパンカップ出場)のメンバーとして活動。
2014年よりエレベートミュージックエンターテイメント「うたハモ!アカペラピース」シリーズのアレンジ、
レコーディングディレクションを担当している。

コーラス指導や音楽理論レッスン、ワークショップなどのご依頼はこちらまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です